ぽにょの1人暮らし奮闘記

2015年4月から1人暮らしをはじめました。これまであったトラブルとその対応策についてのまとめ。私自身が夢に向かって奮闘するはなしです。

お酒とドローン

 

 

おはようございます。

 

三重から新宿に向かう深夜バスで前の人に椅子を全開に倒されてイライラしてるぽにょです!!笑

 

 

いやぁ、流石に全開は狭すぎる。

全然、怒ってないよ。

 

 

………😑😑😑

 

 

 

ということで、そんなことはいいとして、

 

今回は

ドローン

です。

 

 

私は三重にいる間、

卒論生の付き添いをしていました。

 

 

卒論生は2人いて、

日本酒と水と地質の関係やる子と、

ドローンで地形変化を観察する子

がいます。

 

 

 

実は、日本酒を作るときの酵母とか仕込む米は同じなのに、

辛口甘口など味が違う例がいくつかあるらしいです。

 

 

その水の違いと地形地質の違いが

現場でもはっきり出ていて面白かったです。

 

 

一体、味の違いはどこからくるのか…?

仕込み人の気分、

なんかと言われてますが、

果たしてこれが本当にそうなのか…

 

 

これから研究がどうなるのか、

すごい楽しみです。

 

 

 

一方、ドローンで地形変化を観察できるのかという子。

 

 

これもまたまた面白いんです。

 

 

土砂崩れが起こりやすいとされている地域で、

1番土砂崩れが起こりやすい時期(台風)の前後で、地形の変化を比較するのです。

 

 

何がわかるかっていうと、

台風前と後で地形がどのように変化するのか?

ということです。

 

 

 

なんと、ドローンは超有能で、

写真を撮ることはもちろん、

物によってはGPS情報や、写真を撮った標高や角度などを記録できるものがあります。

 

 

それを記録することで、

どの地点でどのような範囲の写真を撮ったのかがわかるので、

地図や地形図と重ねることができたり、

台風前後に撮った写真を重ねることができます。

 

 

(逆に、その情報を記録していないと

ソフトを使ってもうまく繋がらなくて

手作業で繋がることとかになるらしい…

 

 

 

もし、ドローンが地形変化にも応用できたなら、それはまたドローンの可能性を広げることになります。

 

 

ドローンのカメラにサーモグラフィーとか赤外線カメラをつけることで、人間の目ではわからないことまで見ることもできます。

 

 

使い方は無限大です。

 

 

本当にすごい…!!

 

 

 

研究以外でも、

250g以下のドローンでしたら、

何処でもいつでも飛ばすことができるらしいです。

(法律がまだできていないらしい…

 

 

 

ドローンで面白い写真も撮れますし、

個人で楽しむのもアリだなぁ

と思いました。

 

 

ドローンのいいところは、

安くて、操作も簡単、

かなりお手頃なんです。

 

 

もっと普及してもいいのになぁ〜〜

と思ったりしました。

 

 

いろんな使い道がありそうです。

 

 

 

 

さぁ、今回はこの辺で終わりにしときます。

喋るとキリがないですから、笑

 

 

 

ゲストハウス大好きなぽにょでした(^-^)

 

 

コメント・リクエストお待ちしてます〜〜✨

 

f:id:popoponyo1119:20170630052217j:image

リップルが綺麗でした〜〜

この微小な段差も、ドローンで観察できるかも…??

波との関係調べたいなぁ〜

 

広告を非表示にする