読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽにょの1人暮らし奮闘記

2015年4月から1人暮らしをはじめました。これまであったトラブルとその対応策についてまとめてみました。

1人暮らし飯を作ろう!そぼろご飯!

 

こんばんは。

 

ミネラルショーに行って、ふわふわしてるぽにょです。

 

 

今回は、友達からリクエストのあった

1人暮らし飯の作り方

を紹介したいと思います。

 

 

 

あの、前置きとして伝えておきます。

 

 

 

私は、料理ができるできないで言うと、

 

できない方です。

 

 シチューを作るとき、ルーを入れてから肉を入れたり、ホットケーキも何故か焦げます。

 

 

あの、世の中には私よりできない人がゴマンといるとは思いますが、私はこう思います。

 

 

料理はできるできないっていうのは、私たちの到底届かない高いレベルの話であって、

 

私たちが食べるフツーの家庭料理での場合、

料理しようと思う思わない

それが問題なんです。

 

 

あるテレビ番組で、料理ができない女子と謳う人たちが、料理家が考えた簡単料理をドヤ顔で『ちょっと、私には難しすぎました〜!』と評価するいう番組がありました。

 

 

私はそれを見てイライラしちゃいました。

 

 

てめぇら、やる気がねぇだけだろっっ!!

混ぜて焼くだけやんけ!!

 

料理家が頑張って考えたレシピを、

怠け者にできないとは言わせたくない。

 

 

って感じでした。笑

 

とまあ、そんな感じで、

料理はやろうと思えばできるんです。

 

希望を持ちましょう。

 

金ない私たちは自炊する他に、道はないのです。

 

 

私から1つだけアドバイスするとしたら、

 

  • 調味料はとりあえず思いつくものは全て買え!
  • 肉・卵・キャベツ・米 があればどうにかなる!

 

ということです。

 

 

まず、引っ越し始めに調理器具と調味料を買います。これが意外とするんですけど、最初だけの我慢!

 

調味料

  • しお
  • コショウ(粉とあらびき)
  • みそ
  • しょうゆ
  • お酒
  • お酢
  • 油(オリーブオイルとサラダ油とごま油)
  • ソース(中濃とおたふく)
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • 粉チーズ
  • みりん
  • 砂糖
  • ラー油
  • ハチミツ・メープルシロップ

 

だし類

  • 味の素
  • コンソメ
  • 中華の素的な、鶏ガラベースのだし

 

調理器具

  • フライパンとお鍋の中間のもの(鍋とフライパンセットのがお得)
  • おたま
  • フライ返し
  • 皮むき機
  • 包丁
  • まな板
  • ボール
  • アミ
  • 菜箸
  • おたまのアミアミのやつ
  • スポンジ・洗剤

 

食料保存に便利なもの

 

こんな感じですね。

 

 

これさえ揃えれば、大体のものは作れます。

 

 

 

例として料理は紹介します。

 

そぼろご飯

 

  1. フライパン温め、サラダ油いれる
  2. 卵をそのまま割り、入れる
  3. すぐ塩を振る
  4. 即座に、菜箸でぐしゃぐしゃにする
  5. 卵完成
  6. 卵を別の皿に移す
  7. そのままフライパンにごま油投下(辛いの好きならラー油もいれる)
  8. ひき肉投下
  9. フライ返しで崩しながら炒める
  10. 塩コショウ適当に入れる
  11. 肉完成
  12. ご飯の上に卵・肉を乗せて完成

 

こんなもん!!

これ、マジで5分で作れます。

 

 

あとその他にも、メニューはあります。

ぼちぼち紹介します。

 

 

料理に関しては、こだわる人はこだわるみたいですけど、ほんと、好みです。

 

白米オンザ納豆で生きて行ける人もいれば、

外食のが安いと思って外食する人もいます。

 

 

外食の難点は金欠になると食えなくなることです。自炊ならば、米さえあればふりかけとかお茶漬けにして食べれば節約できます。

 

がんばりましょう。

 

 

最後に、食材を買った後、保管するときのポイント!

 

  • 肉はとりあえず買った日のうちに、小分けにして冷凍する。
  • キャベツはしなけたら、水に浸せばなんとかなる。
  • きのこ類、ニンニクは野菜室に保管すると伸びる。
  • 漬物は日持ちするからオススメです。笑

 

 

こんな感じです。

 

 

料理そんなに得意ではないので、色々意見があると思います。

 

最低限のことはここに書きましたから、あとは自分次第です。

 

 

贅沢もたまにはいいでしょう。

 

 

ただ、贅沢と美味しいはちがいます。

美味しい食事をとって、元気に過ごしましょう。

 

 

以上!!

 

次回からメニュー紹介しますね。

 

 

ぽにょでした〜〜( ^ω^ )

 

f:id:popoponyo1119:20161001220907j:image